近況報告(平成22年度、ドイツからの帰国)

 ハレから帰国しました。もうすぐ始まる2010年度の冬学期は、また総合文化研究科にてお世話になります。日本の皆様、またよろしくお願いいたします。なお、今日でちょうど博士課程の標準在籍年限の半数を完了したことになるようです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

近況報告(平成22年度のハレ大学滞在)

 平成22年度4月より半年間の予定で、ドイツのハレ・ヴィッテンベルク大学に中期留学・研究滞在をしています。以下はTwitterよりの再録です(ご多分にもれずTwitterに移行してからブログから遠ざかりつつありました)。

* * *

 はやいもので、ドイツに入国してから一箇月が過ぎました。現在、ザクセン・アンハルト州のハレという都市におり、マルティン・ルターの名を冠するハレ・ヴィッテンベルク大学に所属しております。ハレは州首都ではないのですが、人口は同州最大だそうです(といっても20万人規模)。実は今回は正式な留学生としてではなく、学振とドイツ研究者協会の共催する「日独共同大学院」というプログラムの構成員である客員研究員、という資格で大学に所属しています。客員というと偉そうですが、要は学生特権が享受できない曖昧な立場で、大学サイトにログインできなかったりします。こちらで何をやっているかというと、せいぜい共同大学院の構成員としてはコロキウムに参加する以外に何らかの義務があるわけではなく、日本にいるときと同じく、指導教官のゼミに出たり、買ったり借りたりした資料を読んだりしつつ、自分の研究をやっております。
 ちなみに資料――私の場合は専門ゆえに既刊の書籍・雑誌しか読みませんが――を蒐集するに際して、ドイツにいることは、やはり利点になります。特にネットで注文する場合は、送料を大して心配する必要がなくなりますからね。纏めて最後に日本に送るのが合理的でしょう。反面、図書館については日本の大学の資料蒐集癖の有難味を実感させてくれる規模であることも、また事実です。これは当地が中規模都市だからという理由だけではなく、かつて在籍していたベルリンの大学もそうだったので、ドイツの大学一般に該当する話であるようです。まず言えるのは、こちらの大学はどうも外国語の書籍(英仏語を含め)を集めることをあまりしないらしい、ということでしょうか。かといってドイツ語の本が豊富かというとそうでもなく、哲学書なら一通り揃ってはいるのですが、貸出可能なのが一冊だけだったりします。日本の大学の学問輸入的傾向を批判する人間は多いわけですが、外国語のものも含めて重要書籍をきちんと蒐集していた、蒐集に予算を配分していたという点は、少なくとも賞賛さるべきことであるように思います。そういえば、『読書術』という本で故加藤周一が、海外の大学に滞在するときに日本語の本が読みたくなったら古典を読め、というのも新刊書は手に入りにくいが古典なら大学図書館に一通りあるからだ、と書いていたのを思い出しまして、さっそく恐る恐る日本学科の図書室に行ったのですが、やはりと言うべきか、三つの棚で構成される(!)そこの図書室には古典の類は置いてありませんでした。岩波の旧体系くらい揃っているかと期待したのですが...。どうも北米の大学での経験知はこちらの国には延長できないらしいですね。とはいえ、図書館事情についてのハレのメリットというのもありまして、それは国立図書館のあるライプツィヒに近いことでしょう。もう一月ほどしてどうしても手に入らないタイトルがいくつか溜まったら、一度こちらに行って複写などをしてこようと思っています。古書店の方も、だいたいこの都市にある店は訪問済みになりました。ヘリングラート版のヘルダーリン全集を割に安価で入手できたのが収穫でした。これ、ネットで注文しようとすると結構高かったもので。大学と研究(?)に関してはこんなところでしょうか。
 ハレという都市について。ここはおそらく――都市史には詳しくないのですが――典型的なドイツ都市なのかもしれません。教会の前に市場があってそこから放射状に旧市街地が広がり、川沿いの外縁に諸侯や司教の城郭が点在する、といった具合なわけです。以前はベルリンの大学におりましたもので、そういう大都市とは別に、こういう中世以来の地方都市に滞在してみたかったというのも事実であり、こちらに来てみた理由の一つでもあります。私の現状について言えば、市場の近傍に住んでおり、都市中に点在する大学の建物(一箇所にキャンパスが集まらないのもドイツの大学の特徴)にもアクセスしやすいという状況で、いろいろな面で幸運な環境にいることを実感しております。この規模の都市ですと、中心部を起点にすれば殆ど徒歩三十分で行けてしまうというのが非常に便利です。来て早々に市内有効の定期券を買ったのですが、路面電車にすら乗ることが殆どないので無駄にしてしまったようです。
 私の一箇月目の所感はこんなところでしょうか。また何かあったら書きます。どうもブログ記事っぽくなってしまいましたが、その方も近日中に更新したいですね。あちらではむしろ、昨年度中の口頭発表や質疑応答についてなど、学術サイトめいたことをやりたいわけですが。
 最後にtwitpicがあったことを思い出しましたので、大学のある場所からとったギービヒェンシュタイン城の写真を載せておきます。
Photo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

UTCP公開研究会の報告

 UTCPプログラム「歴史哲学の起源」公開研究会での発表「カタルシスと崇高(森田團氏)」の報告としてブログ記事を書きました。こちらで読めます。UTCPとはいかなる組織かについても上記の公式サイトをご覧下さい。

 記事は論文ではなく報告なので、煩雑を避けるために文献は著者とタイトルしか挙げなかったのですが、蛇足ながらここに言及した書籍の一覧表を記しておきます。発表自体の参考文献ではなく、この報告記事の参考文献です。

 Aristoteles: Poetics, In: Aristotle Poetics, Longinus On the Sublime, Demetrius On the Style, Loeb Classical Library 199, Harvard Univ. Pr., 1995. [『アリストテレース詩学・ホラーティウス詩論』松本仁助、岡道男訳、岩波文庫、1997年]
 Bachofen, Johan Jacob: Das Mutterrecht, In: Gesammelte Werke, Bd. III, Hrsg. von Karl Meuli, Basel, 1948. [J. J. バッハオーフェン『母権論 1~3』岡道男、河上倫逸監訳、みすず書房、1991~1995年]
 Benjamin, Walter: Goethes Wahlverwandschaften, In: Gesammelte Schriften, Bd I-1, Frankfurt am Main, 1974. [ヴァルター・ベンヤミン「ゲーテの『親和力』」(『ベンヤミン・コレクション I』浅井健二郎編訳、ちくま学芸文庫、1995年所収)]
 Benjamin, Walter: Ursprung des deutschen Trauerspiels, In: Gesammelte Schriften, Bd I-1, Frankfurt am Main, 1974. [ヴァルター・ベンヤミン『ドイツ悲劇の根源 上・下』浅井健二郎訳、ちくま学芸文庫、1999年]
 Bernays, Jacob: Grundzüge der verlorenen Abhandlung des Aristoteles über Wirkung der Tragödie, Hildesheim/New York, 1970.
 Cohen, Hermann: Ästhetik des reinen Gefühls, In: Werke, Bd. 8-9, Hrsg. von Helmut Holzhey, Hildesheim/New York, 1982. [ヘルマン・コーヘン『純粹感情の美學』村上寛逸訳、第一書房、1939年]
 Goethe, Johann Wolfgang von: Nachlass zu Aristoteles' >>Poetik<<, In: Werke [Hamburger Ausgabe in 14 Bänden], Bd. 12, München, 1988.
 Lacan, Jacques: L'éthique de la psychanalyse, 1959-1960, Le Séminaire Livre 7, texte établi par Jacques-Alain Miller, Seuil, 1986. [ジャック・ラカン『精神分析の倫理 上・下』小出、鈴木、保科、菅原訳、岩波書店、2002年]
 Vischer, Friedrich Theodor von: Über das Erhabene und Komische, Frankfurt am Main. 1967.

ベルナイスやコーエンを出しているのはOlmsという出版社で、ここはヒルデスハイムとニューヨークを拠点にあまり読まれなくなった(笑)重要文献をたくさん再版していることで著名ですね。かのクロイツァーもここから出ていたものが目下の最新編集版のはずです(某ネット古書店で見つけて、買わねばと思いつつずっと放置してあるんですが)。それから、私も調べてみるまでコーエンの邦訳が戦前にあったとは知りませんでした。

 なお、記事にもあります通り次の研究会(9月)では私が発表することになっています。正式な告知は、こちらもUTCP公式サイトのイベント欄の方に、今月後半までに行う予定です。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

本当にどうでもよい近況報告

 本年三月に修士号(M.A.=Magister Artium)を取得いたしまして、四月からは博士課程に身を置くことになりました。これで駒場は途中一年のブランクを挟みつつも七年目になり、既に小学校や中高よりも多い年数を費やしつつあることになるわけですね。まだ当分は今の大学にいるつもりですので、今後ともよろしくお願い致します。
 
 頂いた修士号は学術修士で、昨年末に提出した学位論文の受理によって与えられたものです。この論文それ自体は非公刊ですが(とはいえ専攻事務室に行けば閲覧可能になるようにしておきました)、いずれ部分的に発表することはあるかもしれません。もちろん、すべては未定であって今後のことはいずれも不可知であることは、改めてお断りする必要はないでしょう。

* * *

 一仕事終えた後はやはり解放感が放出されるものか、普段よりはやや興奮気味であったかもしれません。ここに柄にもなく長文エントリを書いてみたりしたのも、おそらくは一時的な精神的高揚の産物であったのでしょう。年末年始に飲み食いしていたらすっかり戻ってしまいまして、気がついたら相変わらずのテンションになっておりましたがね。

 その後は断続的に手続きや口述試験などがあり、まだ合格が確定していないこともあって、別に多忙ということはないにも拘らずなんとなく落ち着かない日々を過ごしておりました。先月中旬に合格と学位授与の発表があり、どちらも通ってはいたのですが、どうも妙な不安に取り憑かれていたらしく、正式に修士号を授与されるまで完全には平静を取り戻せませんでした。といいますのもあの大学の事務は、二年前に学部を卒業する際、こちらの修得単位を数え間違えた上わざわざ携帯に「卒業できませんよ」と連絡してきたところだからでして、また何か手続絡みのトラブルが生じることは、少なくとも某国「衛星」が引き起こすであろうよりは、危険性が高い憂慮であったのです。幸いにして今回は何もありませんでしたので、無事に身分変更も適ったというわけでした。大学とは別の機関から携帯に事務関係の変な電話があって冷や冷やさせられたことはありましたが、それはまた別の話です。

 ...そういえば修士を取得してみて印象的だったのは学位記の薄さでしたね。帰宅して学士のものと比べてみてよくわかりました。まあ、いわゆる大卒という資格を担保する学士号と最上位の学位としての博士号に挟まれて、修士号は過渡的な性格を強調されて一番どうでもいいものになっている、ということでしょうか。

* * *

 定期的にご覧になっている方が何人かおいでになるというのに、こんな下らないことしか書くことがなくて申し訳なく思っております。毎日のように書くことをお持ちの方のようには到底なれそうにございません。これも常に起伏のない生活をしている当然の帰結であろうと思われます。「ソマリア海賊の精神史的意義について」といった内容も考えましたが、どうも気分が乗らないのでやめました。

 以上わたくしの生存報告も兼ねまして、今年度初の投稿でございました。四月一日用の嘘を考えるのも面倒ですので、二日にアップすることに致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

平成21年、賀正

 改めて明けましておめでとうございます。

Cimg0037_2

▲初日の出(1月1日午前6時45分頃撮影)

昨日(元旦)は、上の写真を撮った後、例年の通り近所の某神社まで散歩して来ました。

Cimg0040

Cimg0043_2

▲左:某神社の様子、右:元旦の旭日に映える神武天皇碑(どんな文脈でここにあるのかは不明、左右共に1月1日午前7時30分頃撮影)

神社内ではこれまた例年通りお神酒を頂いた後、境内の様子を観察。巫女さんのバイトが正月だけ動員されるのは相変わらずですね。基本的に旧社格が村社の田舎の神社なので特筆すべきものはありませんし、別にこれといった痛絵馬があるわけでもなかろうと期待していなかったのですが、今回は「ボーカロイドが栄えますように」と書かれたものを発見、カメラに収めてまいりました。ただし固有名らしきものが書かれていたためここに掲げるのは控えます。神棚用のお札を拝受した後―これで毎度の事ながら天皇制祭祀権力の断片が拙宅にも導入されるわけで―、さすがに寒さに震えながら帰宅して早速布団にもぐりこんだ次第。

 昨今はゼロ年代などとも呼ばれる西暦2000年代も最後の年に入ったわけですけれど、やはり今年も変わらずにぷらぷらと気楽に暮らしたいものです。本年もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

明けましておめでとうございます

 皆様、明けましておめでとうございます。本年も宜しくお願い致します。

 書くこともないので今朝の写真でも。デジカメが故障中のため携帯電話での撮影ということで、画質が最悪なのはご容赦下さい。

080101_0712
080101_0724

▲左:歩道橋の上から見た初日の出(中心部に反射が移ってしまっている)、右:近所の某神社の様子(共に午前7時30分頃撮影)

 なお、例によって例の如く、年賀状の発送が遅れておりますことをお詫び申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

更新再開及び生存報告

 何とか恥の多い生活を送っております。2004年の春に登録したにも拘らず2007年秋の現時点までで記事が17個という何とも怠慢極まりない更新状況の上、さらに昨年以来11ヶ月もお留守にしてしまったことはまことに汗顔の至りでありますが、ここに改めてブログを再開致したいと存じます。もともとここは別にあったウェブサイトの雑記代わりということで始めたのですけれども、年度が変わってわたくしの身分が変更になり―昨年度まで在籍していた学部の上部に置かれている大学院に置いていただいております―大学のアカウントが使えなくなった時点で、大学のサーバで公開していた肝心の本サイトの方は消えてしまいました。ですので、本サイトへのリンクなどははずしておきました(ついでに、各種のリンクを整理しておきました)。暫くはここを独立的に運用して行くことになるでしょう。実を言えば、また手続きをすれば新しいアカウントをもらえるわけですし、研究室以外でパソコンを使うのであれば寧ろそっちの方が好都合でもあるのですが、大学のサーバでの更新作業は一度はUNIXを通さねばならず非常に面倒ですので、ひょっとしたら別の場所にサイトを復活させることになるかもしれません。
 今年の後半に入ってからどうも体調が悪く、今日も微熱で頭が働かないので、リハビリ代わりに書いてみました。今後はどのくらい更新できるかは不明ですが、まあ、最低でも月に2回は(なるべく本業とは関係のないテーマで)何か書ければと思います。

 なお、更新をご無沙汰している間、ドイツ科の学生サイトの三代目管理人を拝命しました。ご興味をお持ちの方は是非ご訪問ください。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

よいお年を

 ここ数ヶ月はいろいろ野暮用がありまして大して更新できませんでしたが、数日前左のリンク欄を修正しました。飄評踉踉は中高時代の友人が最近始めたブログで、なかなか頻繁に更新されているようですので、よかったら覘いてみていただければと思います。

 それでは皆様、よいお年を。年賀状の返事が遅れる可能性が高いことをお詫び申し上げます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

帰国ないし生存報告

 恥ずかしながら帰ってきております。実は帰国自体は大分前のことになるのですが、荷物が到着したのが最近でして...。今後しばらくは日本にいることになると思われます。というわけで、皆様、今後とも宜しくお願い申し上げます。

 以下はオマケ。
Cimg0515

▲引越直前の拙宅、机周辺の様子

| | コメント (2) | トラックバック (0)

帰国予定について

 英国式球蹴り大会も終了し―Germania Galliaque Romae cesserunt...―、そろそろ2006年度夏学期も末になって参りました。大学の授業は来週で最後ですので、そろそろ私も帰国のことを考え始めております。
 そういうわけでベルリンに滞在する時間も残り少ないということで、一部の方には既に申し上げました通り、ドイツで手に入る書籍などがお入用の方は、お早めにご連絡下さい。入手可能なものであれば(入手可能かどうかの目安はamazon.deでわかります)日本に送る荷物に入れてついでに送ってしまいますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧