このブログについて

 このブログ「ΜΕΛΕΤΗ ΤΟ ΠΑΝ」――メレテー・ト・パーンとお読み下さい――は、著者が自身の活動を報告したりたまに日録や雑感を綴ったりする場として公開されております。著者についてはこちらをご覧下さい。

1.ブログの見方
 トップページには直近3つの記事しか表示されませんので、過去ログは左のカテゴリーか、あるいは右のバックナンバーからお入り下さい。バックナンバーをクリックすると過去の記事が月別に表示されます。
 カテゴリーには、以下の種類があります。
・Ad theatro, 或いは催しに於いて:音楽・映画などの雑感(未使用) 。
Ambulatio 或いは逍遥の記録, :旅行・散歩などの雑感と写真。
Aversa scidae, 或いはチラシの裏 :その他の雑感。
Comentarium diurnum, 或いは日録:いわゆる日記。
・Ex libris, 或いは書架より:書評(未使用) 。
Nuntius, 或いは告知 :著者の活動の報告。
Renovatio hodierna, 或いは本日の更新 :サイトの更新報告だった頃の記事(現在は使用せず)。リンクは基本的につながらない。
尻大小穴録:擬古文で書かれた日記と雑感。

2.今に至る経緯
 ブログのIDは平成16年初頭に取得されましたが、実際の更新は翌17年より始められ、当初は「雑記」というタイトルで著者の運営するウェブサイト「自由學藝の園(http://user.ecc.u-tokyo.ac.jp/~c50126/)」の更新報告として使用されていました。その後19年に著者の大学卒業に伴って「自由學藝の園」が閉鎖されたのを受け、「ΤΑ ΕΙΣ ΕΑΥΤΟΝ」と標題を変更し、普通の独立したブログとして公開することになりました。平成20年より現在の名前になっていますが、基本方針はこのときから変わっておりません。なお、旧サイトの内容は、新しく始められた「EX ORIENTE LVX」に移し変えられています。

3.ブログ名について
 ブログ名は小文字で表記すると"μελέτη τὸ πᾶν"となり、直訳すれば「すべては練習である」となります。いくつか解釈の方法はあります(「何ごとも練習がすべて」とか)が、ここではブログにおける試行としての思考を尊重する態度を示すとお考え頂ければ幸いです。この格言の出展については、デルフォイの神託の一つであるという説と、七賢人のペリアンドロスの箴言に充てる説の二つがあります。また、マルティン・ハイデガーが1940年の著書『省察 Besinnung』にて巻頭エピグラフとして用いている句でもあります。
 ちなみにブログのURLは、言うまでもなくサド侯爵とピエル・パオロ・パゾリーニに敬意を表したがためのものです。

4.タイトル画像について
シチリア、アグリジェントのコンコルディア神殿。著者が平成18年3月10日に撮影したものです。
(~平成21年3月:地中海の曙光 、平成18年3月10日早朝)

平成20年師走記

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/23019/43549518

この記事へのトラックバック一覧です: このブログについて:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)